僕の読書日記
今まで読んだ本や読書中の本、今度読んでみようと思っている本など、独断と偏見で紹介したいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイン・フォール/雨の牙 (ハヤカワ文庫) バリー アイスラー (著), 池田 真紀子 (翻訳)

雨が降っている。
4月になろうというのに、霙交じりの冷たい雨だ。
ぼそぼそと疲れたように降る雨に肩をすぼめながら
俺は国道沿いの道を歩いていた。
時刻は、午後10時50分。
私にはどうしてもやらなければならないことがあった。
しかし、私に残された時間は、あと10分。
間に合うか!? 目的地の明かりはまだ見えない。

国道を走る車のヘッドライトが、雨にぬれながら足早に歩く私をあざ笑うかのように追い越してゆく。
私の影が雨の中で躍る。

腕時計を見た。
残り時間は、あと6分。
言いようのない焦燥感が胸にこみ上げる。
まだ、明かりは見えない。
目的地はいったいどこだ。

しばらく、進むと川に出た。
橋を渡る。
ふと、川面を見ると、雨が作る無数の同心円のなかに、黄色い光が
にじんでいるのが見えた。
目を上げ左手の通りを見ると、暗闇の中にポツンと黄色い明かりを灯した店が見えた。
あった。
目的の場所は目の前だ。
足早に進み、夜の国道を煌々と照らす私は店の明かりのなかに踏み込んだ。
間に合った。
呼吸を整えると、ゆっくりと足を踏み出す。
自動ドアが音もなくひらく。

ここまでくれば、あとはブツを手にするだけだ。
店は、複数の棚で、迷路のように仕切られていた。
私は躊躇なく目指す棚に向かった。
「ブックオフ 100円コーナー」
すばやく書棚に目をとおす。
今の気分に一番あった本はどれだ。

そして、私は1冊の本を手に取った。
「レイン・フォール/雨の牙」
うーん、ハードボイルド(どこが!?)
「お客さん、本を濡らさないでくださいね。」
店員がいった。


【STORY】
今回の仕事のターゲットは国土交通省のキャリア官僚だ。渋谷の雑踏から後をつけたレインは、山手線の車内で相手に接近する。一瞬後、ターゲットは昏倒し、そのまま死亡した。誰が見ても心臓の発作による自然死だ。作戦完了。ところが、数ある仕事のうちのひとつに過ぎなかったこの暗殺が、彼の運命を一変させることになるとは……孤高の暗殺者ジョン・レインに危機が迫る。大都会・東京を舞台に描く謀略と裏切りの追跡劇

最近、本格ミステリやSFが読書の中心となっていたので、少し反省。
趣向をかえて、久々にハードボイルドでも読むか、ということで本書を購入。

話はそれますが、一昔前は、ハードボイルドものをよく読んでました。
ロス・マクドナルド、ミッキー・スピレイン、大薮晴彦・・・・・
なぜか、チャンドラーは読まないんだよなぁ。
どうも、私は、あまり「ストイック」ではないらしい。_| ̄|○

さて、本書の話である。
外国人の作家が日本を舞台に小説を書くといったいどうなるか?
なんとなく、違和感だらけの日本が描かれていたりするもんである。
兎に角、日本であることを前面に押し出そうとしすぎて、その辺が
我々日本人にとっては、違和感バリバリだったりすることが多い。

ところが・・・・
本書ではそういう違和感は、まったくない。

正直なことを言うと、読んでいる最中は、外国人が書いた本であることを
まったく忘れて読んでました。
大変な力量ですよ。
たまに、サムライなんて単語が出てくると、あれっ、そうだったよと
思い出させられますが、それ以外は全然。

地名やお店なんかもリアルに描写されていて、お話の臨場感を盛り上げてます。

ストーリーのテンポもいいし、登場人物も魅力的だし、非常に面白かった。
なにより、先の読めないストーリー展開。
結構、ハラハラしました。
まあ、主人公は死ぬことはないだろう(だって、他にも本が)と思っていましたが
サブキャラがいつか殺されるんじゃないかとドキドキしてました。
それだけ、キャラが魅力的ってことかな。

主人公もスーパーマンすぎないし、アイデンティティについての描写も
主人公の性格に深みが出ててすごく面白かった。


本当におすすめなので、興味があるかたは是非。




にほんブログ村 おすすめ本



















【今日の積読】

法月倫太郎「生首に聞いてみろ」
和田竜「のぼうの城」
道尾秀介「シャドウ」
道尾秀介「背の目」(上)(下)
北森鴻「メビウス・レター」
アガサ・クリスティー「スタイルズ荘の怪事件」
オグ・マンディーノ「十二番目の天使」
堂場俊一「ミスジャッジ」
堂場俊一「8年」
堂場俊一「いつか白球は海へ」
泡坂妻夫「亜智一郎の恐慌」
小峰元「アルキメデスは手を汚さない」
伊園旬「ブレイクスルー・トライアル」
西澤保彦「笑う怪獣ミステリ劇場」
西澤保彦「転送密室」
西澤保彦「人形幻戯」
有栖川有栖「女王国の城」
ディーン・クーンツ「オッド・トーマスの霊感」
ディーン・クーンツ「オッド・トーマスの受難」
東野圭吾「さまよう刃」
増田 俊也「シャトゥーン ヒグマの森」
藤田 宜永「ダブル・スチール」
ジェフリー・ディヴァー「石の猿」
ジェフリー・ディヴァー「コフィン・ダンサー」
ジェフリー・ディヴァー「12番目のカード」


ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場











資格を取るなら一発合格!

難しい資格も勉強方法次第。アナタの為の資格取得サポート情報をご提供!



★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
なんと一番安いプランだと月額263円から!これならおこづかいで使えちゃう。
容量も200MBの大容量!CGIにSSI、PHPだって使えるよ。
85個もの可愛いアドレスで、友達に差をつけちゃおう。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bookreview999.blog72.fc2.com/tb.php/128-a9ab6031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



このブログは

このブログは、リンクフリーです。 じゃんじゃん、リンクしてください。



副業なら



初心者でも簡単・稼げる



ネットビジネスなら



アフィリエイトはA8.net



書籍化も夢じゃない

PC・携帯からも閲覧・編集ができる



☆WEB起業家募集中☆



お小遣いをじゃんじゃん稼ぐなら

↓げん玉への登録はこちらから↓

3万円の館では毎日30名に1000円Getのチャンス! 毎日訪問で確実に2円Get !げん玉電鉄でポイント大量獲得のチャンス! メールにもポイントがついてくるからちゃんとチェックしてね。



プロフィール

らんまる

Author:らんまる
生息地:横浜
年齢:ええ年(とら年)
精神年齢:こども
すきなこと:本を読む、映画を見る、野球を観る



ホームページ多言語サービス



お買い得情報



amazonを探検しよう



ポチっとな



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



楽天でレンタル



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスランキング



あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。